某研究施設に勤務する研究者です。研究や趣味の麻雀のこと。

天鳳成績管理ツール
最終更新 2011-03-04

当ブログのデータ等を転載したい場合は筆者まで一報願います。

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
牌譜解析記事まとめ
過去記事へのリンクをまとめています。

カテゴリ
以前の記事
天鳳新宿卓4本場
まずはアンコロ氏、大変乙した
実に丁寧でかつ細部にまでケアの行き届いた仕切りではるばる遠方から参加した甲斐があった。

それにしても20人近くも集まって、天鳳平均段位が6.35って強すぎるだろー
参加者の7~8割が鳳凰民って・・・、どんだけ特殊な集まりだよ。そんな最強卓に入ったことありませんから。
死ぬ前に九段様を目の前に拝めて本当によかったよ。
美女2名も上手な牌さばきで結構打ちなれている様子。

以前Livetubeでとつげき東北氏がネット麻雀出身の打ち手は雀力と牌さばきのギャップがスゴイと話していたが、そんなことはなかった。

福地先生とも話したが、例えば僕が高校生で麻雀を覚えた頃は、メンツを揃えるのも一苦労だった。やっとの思いで揃えたメンツも経験が浅く、全員のレベルが低いので成長が本当に遅かった。そして強くなりたければ、ビビりながらはじめてのフリー雀荘の扉を開き、しばらくはカモられそれなりの授業料を要した。

しかし、今はネット麻雀のおかげで、とりあえずリアルにこだわらなければメンツ集めに苦労することはない。ボタン1つでメンツは揃う。しかも世界中どこにいても麻雀プロを凌ぐほどの最強レベルのメンツと卓を囲むことも可能となった。そう考えると、彼らは本当に強い。例えるなら、麻雀のフィールドが河川敷の草野球から160kmのバッティングマシーンのあるナイター設備つき専用グラウンドに変わったと言ったところか。そしてこれからも麻雀のレベルはどんどん上がっていくのだろう。

常磐線の終電があるので飲み会の最中で失礼したけど、これならオールでもよかったかな^^
[PR]
by doraaka | 2009-08-23 01:38 | 天鳳
<< どうしようかという局面 博打のような生き方に憧れていた >>


その他のジャンル
Twitter
記事ランキング
画像一覧
AX