某研究施設に勤務する研究者です。研究や趣味の麻雀のこと。

天鳳成績管理ツール
最終更新 2011-03-04

当ブログのデータ等を転載したい場合は筆者まで一報願います。

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
牌譜解析記事まとめ
過去記事へのリンクをまとめています。

カテゴリ
以前の記事
2011年 03月 09日 ( 1 )
【牌譜解析】近オリ4月号ネタの実測
牌譜解析もできるようになったことだし、これを使って近オリ4月号の巻頭記事のネタで遊んでみました。
b0126381_2153133.jpg
南3局の親で11巡目(ドラ6p)、2着と11000点差のトップ目。ラス目からリーチが入った10巡目、こちらもテンパイ。現物は2mのみで追いかけリーチするか?というネタで、福地さんはリーチしない方が良いとのことですが…

あーだこーだと議論するより、結果見た方が早いですw
サンプルは天鳳の鳳凰卓東南戦データで4万8千試合から検索
指定した条件は、
(1)南3局で2着目と1万点差以上のトップ目
(2)先制リーチが入っている
(3)先制リーチを受けて、自分もリャンメン待ち以上でメンゼンテンパイする
(4)リーチ者の現物は1枚以下
b0126381_21593042.jpg
この条件を全部与えて検索すると、4万8千試合中で311ケース(注1)ヒットしましたw
まあ、どっちが有利かという判断だけなら可能なレベルでしょう。細かいところを見るにはちょっと条件絞りすぎですねw 自分が親で相手がラス目という条件まで入れるとサンプル足りなくなるので外しています。その結果、

 追いかけリーチしない方が有利

現物1枚しかないからって追いかけリーチすると、トップを逃す確率が倍くらい増えてました。いくつかヒットした牌譜見ましたが、リーチ掛けないケースでは、1枚の現物切ってオリる人は少ないみたいです。リーチをしないだけで、とりあえず押して、現物が増えてきたり、ドラとかの危険牌を引いたらオリって感じみたいです。

僕は本職の方が実験屋なので、もともと理論とかの類はあんまり得意じゃないです。
あれこれ考えるより、実際にやってみた方が早いよね(*^^*)

(注1)
母集団48057試合に対して、精度を±5%、信頼度90%の正規分布とした場合に必要なサンプル数n(ρ=0.5)は、n = 48057 / [(0.05/1.645)^2 x (48056/0.25) + 1] = 269.1ケースとなります。従って、抽出されたケースは、±5%の誤差範囲で少なくとも90%の確からしさで評価することができます。

※追記
この問題に関しては、天鳳とフリーを単純に比較してよいかという課題もありますので、その点はご注意ください。
[PR]
by doraaka | 2011-03-09 22:34 | 牌譜解析


人気ジャンル
Twitter
記事ランキング
画像一覧
AX