某研究施設に勤務する研究者です。研究や趣味の麻雀のこと。

天鳳成績管理ツール
最終更新 2011-03-04

当ブログのデータ等を転載したい場合は筆者まで一報願います。

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
牌譜解析記事まとめ
過去記事へのリンクをまとめています。

カテゴリ
以前の記事
カテゴリ:フリー雀荘( 3 )
マーチャオ京都駅前店
―――――――――――――――――――――
■月刊ネットマージャン「雀荘紹介」レビュー記事
 店舗名:マーチャオ京都駅前店
 来店日:2008/12/13~年1,2回
―――――――――――――――――――――
b0126381_215010.jpg
月刊ネットマージャンの雀荘レビュー記事です。

年に1,2回しかないが、京都へ出張するときには駅前に宿を取っていることから、近くに見つけた雀荘だった。以来、京都を訪れると特に用事がなければ立ち寄っている。

この店でまず印象に残っているのは、最初にこの店を訪れたときにユアちゃんというメンバーがいたのだが、1年ぶりに訪れたときにも僕のことを覚えていたことだった。最近訪れたときには彼女はもういなかったが、旅先や出張先で雀荘に立ち寄る人間にはこういった点だけで雀荘の印象が全然違ってくる。

店は駅を出て徒歩2~3分の距離にある。この立地は電車の時間に合わせてラス半がかけられるのが良い。
駅前にある大きな通りから少しだけ奥に入ったビルの3階に位置していて、廊下がなく、エレベータを出た瞬間にいきなり店の中である。

店内は広く、10卓くらいあったように思う。駅前という立地条件からか週末はスゴイ人で自分が行ったときにはいつも満卓だったように思う。レートは50円と100円の2つがある。アガリ連荘の鳴き祝儀。店の片側は大きな窓があって昼間の店内は明るい雰囲気だ。「もしラス」(もしかしたらこれでラス半にするかもしれませんコール)のことを京都では「かもラス」というらしく、「これ、もしラスにして下さい」と言ったら、同卓者に「何やそれ?」と言われたw

そういえば、この京都駅前店の店長のMさんと会話したときのことで印象に残っていることがある。
待ち席で自分が出張で京都に来ていること、今住んでいるのは茨城であること、でも実は出身は北海道の札幌なんだよみたいなことを話していた。すると、このMさん、かつて札幌のYという雀荘でメンバーをしていたと言う。時期を聞くともう10年近く前というが、僕も当時は札幌に住んでいて、その雀荘には何度か足を運んでいたのだ。10年も前の記憶なのであいまいではあるがMさんの顔は確かに見覚えがあった。当時その雀荘に入り浸っていた僕の友人がいたのを思い出したので、「Nさんなんかよく行っていたと思うんですが分かりますか」と聞いてみると、「ああ覚えています。あの頃は僕が遊んでもらっていたように思います」と言っていた。そのときは言わなかったが、記憶の片隅に一度セットを組んだこともあったように思う。雀荘の近くにあった今はつぶれてもうなくなってしまったようなお店の話など懐かしく話した。

10年近くも経った今になって、京都であの頃の札幌の話を共有できる人がいたことに嬉しさを感じた。
雀荘のメンバーは出入りが激しく、年に1,2回しか訪れない地ならば、まさに一期一会となることが多い。今ではそんなことは当たり前だと思っているが、そういった場所だからこそ、たまに訪れたときに自分を覚えていてくれる人がいると嬉しく感じるのだろう。
[PR]
by doraaka | 2010-10-12 23:27 | フリー雀荘
日本オープン予選とか
オール逆連帯で心が折れました。
あ、そういえば2年連続です。もちろんオール逆連帯が。m9(^Д^)プギャー

まあ、それはいいんだけど、実は今、仕事が猛烈に忙しい。ハンパない。
それが理由で週末はほぼ完全休養になってしまい、リアル麻雀もしばらく打っていない。それに時間が経つのが異常に速い気がする。

パッと手帳を見ただけで、ゴールデンウィークまでギッシリ仕事が詰まっていて身動き1つ取れない。実はそんな状況で先日、上司から4月にアメリカに行って会議に出ろと言われた。

僕の上司は比較的話を聞いてくれる人だということと、その上司から受けた仕事で自分の予定がどれだけ忙しいか説明して不可能さをアピールしたけど、今回はダメだった。不可能を可能にしろみたいなことを言っていたような・・・。どうも自分が憔悴していて反論する気力がなくなっているようだ。

年代的なものなのかもしれないが、今の50代くらいの人たちは汗水垂らして働く根性論に美意識を持っている方が多いようで、昭和気質というか、時代錯誤だと感じることがある。例えば、深夜まで超勤している人を褒め称える傾向があったりして、仕事が好きな人が多いのかな^^;

天鳳の方は、ブログやSNSとかはちょくちょく見ていて、配信問題も一応思うところはあったんだけど、口出しする余裕もないので経過を見守っていきます。

日本オープンも予選前は、もし本戦出場できることになっても行けなくなりそうだなあと思ってたんだけど、ハイ、全く心配のいらない成績でした。下からの成績順なら確実に予選通過です。ギャハハハ
[PR]
by doraaka | 2010-02-22 23:26 | フリー雀荘
茨城で麻雀するのに困ること
週末は車で1時間半かけてある雀荘に行ってきた。
麻雀と運転で肩も腰もダルイ。

茨城で麻雀するのに困るのは、まともなフリー雀荘がすくないところだろう。まあもっともOZ君のMAXみたいな雀荘はいたるところにあるワケだが^^; 先出し1000Gのトップ取りみたいなローカルルールのところもあったなあ。

いつも行ってるPandaはとても居心地の良いところなんだけど、メンツが常連客の組み合わせになることが多いから時々新鮮味がほしくなる。実際、麻雀強くなりたいと思ったら色々な人と打った方が断然イイ。ホームの雀荘を持っていることでのメリットは大きいけれど、他の雀荘で雰囲気が変わった途端にいつもと同じように打てないようではダメだ。むしろ店の客やメンバーにコイツ強いと印象付けましょう^^

僕は職業柄出張が多いので、そのたびに都内や地方のフリーに行ってみる。正直これは楽しい。日本全国どこに行っても基本は変わらないルールで麻雀ができて、半年や1年ぶりに出張先で顔を出しても、たまに顔を覚えてもらえていたりすると嬉しいものだ。

でもこの世界は人の出入りが激しいらしく、1年も経つとメンバーがほとんど変わってしまってることも多い。旅先で何度か卓を囲んで、ちょっと仲良くなったりした人ももうどこに行ったか分からなくなってしまう。何だが刹那的。

で、結局何が言いたいかって、遊びで新しいフリー雀荘1件に行くのに車で1時間半もかかるって、やっぱ茨城は田舎だよなあってことです^^;

ハイ、来週は千葉!
メンツの天鳳平均段位は6段らしいから楽しみだなあ^^
[PR]
by doraaka | 2009-10-19 02:14 | フリー雀荘


その他のジャンル
Twitter
記事ランキング
画像一覧
AX