某研究施設に勤務する研究者です。研究や趣味の麻雀のこと。

天鳳成績管理ツール
最終更新 2011-03-04

当ブログのデータ等を転載したい場合は筆者まで一報願います。

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
牌譜解析記事まとめ
過去記事へのリンクをまとめています。

カテゴリ
以前の記事
<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
【日々】文部科学大臣表彰を受賞しました
b0126381_19343475.jpg

この度、このような素晴らしい賞を受けました。
自分の研究を国から評価して頂いたことをとても嬉しく思います。
本当は4月中旬に東京で受賞式が催される予定だったのですが、大震災の影響で中止となり、このたびようやく受け取ることができました。

僕の専門は、流体力学という分野に属します。
乱流拡散や相転移といった非常に興味深い物理現象が豊富で、航空工学や伝熱工学、エネルギー工学などへの応用も進んでいる分野です。僕の研究内容にもし興味がある方がいればお会いした際にでもお話します。

今回の表彰を受けて、自分が研究する人生を歩み出した頃のことを思い出して、当時の写真を久しぶりに開いてみました。
b0126381_1935349.jpg

僕は今から9年前に大学院を出てからドイツの研究所に勤務しました。この写真は当時借りていたワンルームのアパートの様子です。昔の写真なんて全然見ていなかったので、さすが9年も前となるとスゴイ懐かしいです。この写真を見ているだけで色々と思い出します。最初の頃は薄給で金が全然なくて、この組立式のテーブルやイスも超安物(たぶん日本ならニトリで数千円w)なんだけど、苦悩の思い出が一杯あったので日本に帰国するときに捨てられなくて持って帰ってきてしまいました。運送費の方が高かったですw


研究開発においては、直感や発想はとても大切だと思っています。
研究業界では僕はまだ若手の部類にいますが、それでも実際のところ20代の頃のような思考の柔軟性はなくなってきているなあと日々感じます。経験を積めば知識は増えますが、反面それは先入観を生み、自由な発想を妨げたりします。だから問題に直面した時には、気分をリフレッシュさせ、休みの日は積極的に趣味などを楽しんだ方が、独創的なアイデアが思い浮かんだりします。

僕にとって趣味に投じられる時間は次第に少なくなってきたけれど、これはもしかしたら一麻雀ファンとして麻雀を楽しんだから得られた成果かもしれません。感謝感謝
[PR]
by doraaka | 2011-05-27 19:42 | 日々雑感
【牌譜解析】相手のリーチは高そう?
※更新情報(2011-07-13)
リーチ者の平均打点の解析時にリーチがダブリーのケースを除外しました。


こんにちは。早速ですが、例えば、平場の親番の8巡目で先制リーチを受けて下のような手牌になったとします。
b0126381_19364819.jpg
ドラは9sで、リーチ者以外の他家が1枚切っています。
とりあえず自分の手牌だけ見れば、後手を踏んだイーシャンテンとはいえ、親で表ドラ2枚に赤ドラを2枚抱えていて仕上がれば最低でも12000になるので押し返したいです。

リーチ者の打点は分かりませんから、自分の手牌から期待できる打点で押し引きを判断するという考え方があります。でも、本当にリーチ者の打点は全く分からないのでしょうか?
b0126381_15102954.jpg
上の図(親リーチと子リーチ)は、巡目ごとのリーチ者の打点を自分から見えているドラの枚数別の分けてグラフにしたものです。
※2011-07-13: ダブリーの入ったケースを除外しました

サンプルデータ:天鳳鳳凰卓牌譜
解析局数:104万6221局(※カンが発生した局は除外)

さて、今回はリーチ者の打点についてです。
全体の実測ベースではリーチを打つと表ドラか赤ドラが含まれている確率って約75%もあるんですよ。だからこそ、自分から見えているドラの枚数ってとても重要だと思うんです。

赤アリの場合なら、通常ドラは表ドラの4枚と赤牌3枚の7枚が入っています。
ということは、当然自分から見えているドラの枚数が多ければ、他家は持っていない可能性が高いということになります。逆に、中盤過ぎて自分からドラが1枚も見えていなければ、誰かにゴッソリ持たれている可能性も高くなるってことですよね。ごく当たり前なんだけども、何気なく漠然とどんなリーチも同じだと思ったりしてることってありませんか。このリーチに放銃すると高いかも、ってケアできるだけでも大きいですよね。

まず、リーチ全ケースの平均打点を出してみました。これは鳳凰卓牌譜では子で約6000点、親リーチは約8700点でした。では次に、これに自分から見えているドラの枚数の情報を加えてみましょう。例えば、上の図で子の先制リーチを受けて7巡目にドラの1枚も見えてないとすると6600点ほどの打点があると思って良いです。でも、ドラが全部で5枚見えていたとしたら、そのリーチは4700点程度の打点となり、相手の打点は30%近くも違うんですね。ちなみに、ドラの牌の種類によっても分けて解析にしたのですが、意外なことにこれによる大きな違いは見られませんでした。

そもそも、後手を踏んでも押し返したい手牌というのは、冒頭のケースみたいに自分がドラを抱えているときだったりすると思うんです。見えているドラの牌が多ければ、巡目によっては後手を踏んでもそれなりの戦い方があるのではないでしょうか。

ついでなんですが、とりあえず極端な例として、自分のシャンテン数と局収支の観点からどの程度勝負になるのかだけチャチャッと見てみました。
b0126381_19234964.jpg
この図は、子の先制リーチを受けてしまって、自分からドラが5枚見えで手牌にドラを3枚以上持っている場合の局収支をザックリと表したものです。手役に関する情報は何も考慮してないんですが、親番でこれだけドラを抱えている状況ならば、中盤過ぎくらいまでイーシャンテンでも局収支はおよそマイナスにはならないようですね。でも、いくらドラをゴッソリ抱えているとはいえ、さすがに中盤に差し掛かってリャンシャンテンでは勝負にならないみたいです。それにしても、テンパイとイーシャンテンってこんなに違うもんなんですね。ふむふむ。

まあイーシャンテンはともかくとして、最終的にやりたいのは、こんなふうに見えているドラの枚数でリーチ者の打点が変わるなら、それをもとにしてテンパイ時の押し引きの判断基準をもっと具体化できるだろうなと思っています。

相手がドラを持っているかどうかについては、以前に山読み・手牌構成読みについて記事にした「 【牌譜解析】序盤の捨て牌って重要な情報か? 」のデータも有効だと思います。

えっと、牌譜解析は多分2週間くらい出来なくなるんで、前回までにコメントで要望をもらった項目についても準備してますので、それ以降に対応したいと思います。
[PR]
by doraaka | 2011-05-16 19:45 | 牌譜解析
【牌譜解析】局収支が最大となる攻撃は?(その2)
(5)先制・好形ダマ7700とリーチ8000の局収支は?
b0126381_21403747.jpg
ダマ7700をテンパイしました。さて、この手リーチするとツモまたは裏条件でハネマンになりますが、出アガリで裏がなければマンガンです。これも前回のようにリーチした方が良いのでしょうか?
b0126381_2137531.jpg
この図は天鳳鳳凰卓でのダマ7700(子)を先制・好形テンパイ時にダマにした場合とリーチした場合の局収支を表しています。

リーチしてなおかつツモまたは裏1条件による4000点を加算するためにわざわざリーチする必要があるのかというところがポイントですが、序盤テンパイならばリーチを打った方がわずかに高いですが、そうでなければどちらを選択しても局収支はほとんど変わらないようです。
b0126381_18492099.jpg
せっかくですからもう少し調べてみましょう。
上の図はそれぞれケースでの自分がアガった割合と自分以外の他家3人のうち誰かにアガられてしまった割合を示しています。まず最初に青色のデータから見ましょう。これはダマ(白抜き)とリーチ時(青塗り)における自分がアガった割合です。確かにリーチ宣言によって和了率は巡目によらず10~15%程度低下したことが分かります。しかし、7巡目までのリーチなら60%以上の確率でアガることができるようです。リーチしたことによる自分の和了率低下がリーチの付加価値であるツモ/裏ドラによるハネマンの可能性とほぼ釣り合っていると考えることができます。

次に、赤色のデータを見てみましょう。これは残念ながら自分がアガれずに他家3人のうち誰かにアガられてしまった割合を示しています。序盤でのテンパイであればあるほど他家3人の和了率は低いですが、巡目が進むごとにゆっくりとアガっていきます。そして、このような好形テンパイの場合は、ダマにしてもリーチしても他家3人の誰かにアガられてしまう確率はほとんど変わらないんですね。

では、ついでですから前回の「(1)先制・愚形ダマ5200とリーチ8000の比較」も、どうしてリーチの局収支の方が高いのか分析してみましょう。
b0126381_18531522.jpg
同じように青色のデータ(自分がアガった割合)から見てみます。確かにリーチした場合の方が和了率が低下しています。でも、さっきの好形テンパイの場合と比べると、ダマとリーチ時の和了率の違いは大したことありません。

これはどうしてなのでしょう?
次に、赤色のデータ(他家3人のうち誰かにアガられてしまった割合)を見てみます。今度ははっきりとした違いが表れています。このように先制テンパイを愚形でダマすると、終盤を除いて、他家にアガられてしまう確率が10%近く高くなってしまいます。

つまり、愚形テンパイ時にはダマにしていると他家に自由に手を進められアガリを取られてしまうケースが起きているんですね。先制したなら愚形だからダマではなく、愚形だからこそリーチした方が局収支が高くなることもあるんですね。ふむふむ、掘り下げていくと色々見えてきて面白いなあw

さて、前回の記事で予告した状況の局収支についても実戦牌譜から調べてみました。

サンプルデータ:天鳳鳳凰卓牌譜
解析局数:104万6221局

(6)先制・好形ダマ8000とリーチ12000の局収支は?

次は現状出アガリでマンガンが確定しており、ツモればハネマンという手です。リーチすればその時点でハネマンが確定しますが、さてダマとリーチどちらの局収支が高いのでしょうか?
b0126381_2146739.jpg
10巡目くらいまでのテンパイならばリーチ時の局収支が勝ります。
終盤になってしまうとダマもリーチも局収支的にはほとんど変わりませんね。

(7)愚形リーチ打点5200を後手でリーチしたときの局収支は?

リーチ打点5200を後手・愚形でテンパイした場合です。後手・愚形という時点であまり気が進ませんが局収支としてはどうなのでしょうか?
b0126381_21502216.jpg
先制している相手が子であれば中盤までなら局収支はプラスになりました。しかし、相手が親であれば追いかけリーチの局収支はマイナスになります。
(※追記:前回の記事にも書きましたが自分がアガらない場合の局収支は-1600点程度になります。そういった意味では局収支ゼロは浮きとして考えることができるのかもしれません)

ちなみに、役ありの手の場合ならば、後手・愚形ダマ2600の局収支はリーチ5200の場合とほとんど同じで局収支ゼロをわずかに超える程度なので、役ありならダマでもよいでしょう。

(8)愚形リーチ打点2600を後手でリーチしたときの局収支は?

(7)のケースより打点が半分に落ちているのでさらに行きたくありません。実際どうなっているのか見てみました。
b0126381_2153352.jpg
やはり思った通りのようです。
親はもちろん、相手が子であっても局収支はマイナスになりますので無理せず素直にオリた方がよさそうですね。
なお先日Twitterでも書いたのですが、(7)~(8)のような後手に関しては、今後相手の打点情報に関するデータを解析してもっと細分化(自分から見えているドラの枚数やドラ牌の種類などで分離)していくつもりです。

さて、この局収支とは「同じ局面である選択をした場合の収入の収束値」です。例えばリーチなら打点上昇と和了率低下を天秤にかけた結果として平均的にこの程度の収入が得られることを意味します。

では、「局収支の高い選択をすること=上位着順でゲーム終了できること」となるか?というと、そこまで単純ではないでしょう。局収支は「和了率や打点など含めて”ある一局の収支”として総合的に有利なのはダマとリーチ、どっち?」という問いに明確に答えを出すことができる指標として非常に有効だと思っています。

ところが、局が進んでいくと着順争いに重点が置かれていきます。依然平らな状況ならリーチで打点を高め、さらに他家を押さえつけ自由に打てなくするべきか、それともそこそこパンチ力のある打点をダマでアガって1局を進め、残りの局をリードした状態で持ち込む方がよいのか、それには局収支以外の判断材料が必要となってきます。

このようなゲーム展開まで考慮した解析は今はまだできていませんが、いずれ時間のあるときに取り組んで答えを導き出していけたらなあと思っています。
[PR]
by doraaka | 2011-05-12 19:20 | 牌譜解析
【牌譜解析】局収支が最大となる攻撃は?(その1)
(1)先制・愚形ダマ5200と愚形リーチ8000の局収支は?
b0126381_18445648.jpg
特に条件のない平場なら、このダマ5200のテンパイは待ちは悪いけどリーチしてマンガン確定させた方がいいのかなあ?
b0126381_18521019.jpg
この図は天鳳鳳凰卓でのダマ5200を先制・愚形テンパイ時にダマにした場合とリーチした場合の局収支を表しています。

リーチすれば8000となる手ですが、愚形だし5200あるからダマでいいかと思う人もいそうですが、先制ならば全ての巡目においてリーチ時の局収支の方が勝ります。そして、リーチ時の巡目ごとの局収支の下がり方から、終盤を除けばできるだけ早くリーチを打った方が良いことも分かります。

さて、麻雀ではこれに限らず様々な局面でリーチすべきかどうかの選択の機会があります。

「同じ局面でずっと同じ選択をしたら、結局のところどっちの収入が高いのか?」

この問題に答えるために局収支という量を使います。
放銃率と和了率で評価するケースがありますが、それに対して局収支は同じ局面での収入の収束値を表すので、結果がとても分かりやすいのが特徴です。

そこで今回は実戦牌譜を使って局収支解析を行いました。

サンプルデータ:天鳳鳳凰卓牌譜(2009年2月~2010年9月)
解析局数:104万6221局

局面を表すものとして、巡目、先制/追いかけ、好形/愚形、打点、リーチ/ダマに分けて、この全ての組み合わせを解析したのですが、全部公開するのは大変なので、ブログではいくつかのケースを選んで紹介します。

(2)先制・役なし愚形ドラ1をリーチしたときの局収支は?

これもよくある局面です。リーチしないと役がないけど愚形というヤツです。福地さんはカンチャンドラ1は即リーせよと言いますが…
b0126381_1954418.jpg
リーチしましょう。
先制ならば全ての巡目においてリーチ時の局収支の方が勝るどころか、ダマにしてツモ専だと中盤以降は局収支がマイナスになります。
(ちなみに、自分がアガらなかった場合の局収支は約-1600点くらいになります。)

(3)先制・役なしドラなし愚形をリーチしたときの局収支は?

まさに三重苦。これは悲しいテンパイですw
役もなければドラもない。その上愚形…。同じように先制ならばリーチしてしまって良いのでしょうか。
b0126381_1992181.jpg
序盤でない限りはリーチはやめた方がよいです。
中盤あたりからはリーチしても局収支はほとんど浮きません。
(※でも自分がアガらない場合の局収支が-1600点程度と考えると、局収支ゼロはある意味浮きと捉えることもできるよね)

(4)先制ピンフのみをダマにした場合とリーチした場合の局収支は?

一昔の戦術書には1000点の手を2000点にするためにリーチ棒を出すのは割に合わないから、ピンフのみはダマにせよという記述が見られてました。
b0126381_191142100.jpg
積極的にリーチしましょう。
先制ならば全ての巡目においてリーチ時の局収支の方が勝ります。

あと、この他にも以下の4つを見たのですが、記事が長くなったので残りは次回にまわして今回はこの辺にします。

(5)愚形リーチ時の打点5200を追いかけリーチすべきか?
(6)愚形リーチ時の打点2600を追いかけリーチすべきか?
(7)リーチ打点8000となるダマ7700をリーチすべきか?
(8)リーチ打点12000となるダマ8000をリーチすべきか?

データはもう少し磨くことで、さらに実戦的な解析ができそうな気もします。
場に見えているアガリ牌の枚数を考慮すること、場に見えているドラの枚数を考慮すること、それから手変わりの可能性を考慮することです。例えばある局面で単純にダマとリーチの比較ならばリーチの方が有利であっても、打点がアップする牌の受け入れ枚数も考慮すると実戦的だと考えています。それから、今回は全てメンゼン手の場合ですが、仕掛け時の局収支も見てみたいです。

このケースの局収支が見たいという要望があれば出していきたいと思います。 

 
[PR]
by doraaka | 2011-05-06 20:01 | 牌譜解析


その他のジャンル
Twitter
記事ランキング
画像一覧
AX